ゼロから学ぶ保険の知識

MENU

保険のしくみと種類

保険は、多くの加入者が出す「掛け金(保険料)」によって成り立っており、災難にあった人に一定の金額が給付されるしくみ

人生の中では、災害や事故、そして死亡など、思いも寄らない災難が起こることがあります。そんな災難による経済的な負担に備えるものが「保険」です。

 

保険は、多くの加入者が出す「掛け金(保険料)」によって成り立っており、災難にあった人に一定の金額が給付されるしくみになっています。

 

保険の有効性

 

万一の事故や災害に備えて、財産などを守る。日頃から自分でお金を貯めておく…それもひとつの有効な手段でしょう。

 

しかし、予期せぬ事故に目標を立てて貯蓄したとしても、その範囲内で切り崩せるとは限りません。貯金をすべてなくしてしまう、またはそれを上回る事態も起こりえるのです。

 

保険に加入していたら、貯蓄は貯蓄、保険は保障という「リスクファイナンス」として有効にマネジメントしていけるのです。

 

保険にはどんな種類がある?

 

保険は大きく、人の損害(障害、病気、死亡など)を対象とした「人保険」、物の損害(破損、盗難など)を対象とした「物保険」に分かれます。

 

国や自治体など公的機関が保険者になる場合は「公営保険」、民間団体や企業の場合は「民間保険」と呼ばれ、保険の種類別にそれぞれ次のように分類されます。

社会保険庁 健康保険(国民保険など)、厚生年金保険
労働基準局 労災保険、雇用保険
郵政公社 簡易保険
生命保険会社 生命保険、ガン保険、医療保障など
損害保険会社 自動車保険、賠償責任保険など
農協/生協/共済団体 共済保険

 

民間の保険

 

監督省庁は金融庁で、生命保険業、損害保険業の免許を交付した民間の会社が保険者となり、不特定の加入者に対して運営しているものが「民間保険」です。

 

保険加入希望者が集まった団体を保険者として、その団体の所属者の保険を引き受けるものを「相互保険」といいます。

 

保険会社が保険者となり、営利を目的として実施するものを「営利保険」といいます。

 

保障としての共済保険

 

労働組合や協同組合などが運営しているものを「共済保険」といいます。

 

「保険」と付いていますが、実質的には上記の保険とは異なります。
正確には、共済保険は、非営利での相互扶助を目的とした保障事業ということになります。

 

基本的には、掛け金を払っている組合員しか加入することはできず、営業や設備などの投資(コスト)がかからないので、保険会社よりも掛け金が割安で済むのが特長です。
ただし、監督省庁が厚生労働省や農林水産省であるため、「保険業法」が適用されません。

長い間に、状況の変化などにより、このままかけ続けていても、無意味な保険もあります。
また、解約すれば、たいがいは損になるのですが、損しても解約したほうがよいと思える保険もあります。

 

保険の知識を得て、賢い判断をしましょう。


保険の歴史

保険の歴史は生命保険より損害保険のほうが古い

保険の歴史は生命保険よりも損害保険の方が古く、ギリシャ、ローマ時代から発祥したといわれています。

 

 悪天候により船が沈没してしまうといった災難に見舞われることも手立てはないものかと末に生み出されたものでした。

 

 船主が荷を請ける際に、渡航費用を、投資家から借り受けて、積荷が無事に目的地に着いたときに、荷主から支払われる荷受料があります。借り受けた渡航費用に一定の利子をつけて投資家に返済するものです。

 

目的地まで到着できなかった場合は、返済を免れる、という仕組みのものでした。
引受人は資金提供者であり、資本家そのものなのです。

 

 生命保険が現在のように死亡保障を目的として設立されたのは、1699年、イギリスの『死亡保障組合』が世界で最初だったと言われています。日本に初めて保険の仕組みが紹介されたのは慶応3年(1867年)福沢諭吉の『西洋旅案内』によってです。

 

 その後、明治時代から大正時代にかけて日本の財閥グループによって生・損の保険会社が次々に設立されて今日に至っております。

 

 保険の制度が確立するまでのこうした歴史的背景を知るときに、人々が文明を発達させる上で避けがたいリスクに対抗するために考案された、まさに、『人間の知恵』がもたらしたすばらしい『発明』であったといえると思います。

 

 しかしながら、保険に限らず、あらゆるものに言えることとして、必要があって発明、または考案されたものが、一旦商ベースに置き換えられた瞬間に、それ自体がもつ本来の「純粋な目的」を失ったり、考案者の意思とは無関係にビジネス面だけが重要視されて一人歩きをしてしまう嫌いがあるように思われます。


スポンサーリンク
更新履歴